カテゴリ:ヘラシギ( 3 )

ヘラシギ

 ヘラシギ、写真はこれで最後です。 確かに私達もHPのイメージと実物では雲泥の差があり、HPと本人達は全くの別物だろうという自覚は持っております。 たぶん実年齢のギャップが一番大きいのではないかと思いますね。 (これは正直ダマシに近いかも)
d0185541_208393.jpg

 私達も鳥見を始めて今回のシギシリーズあたりから、ほんのちょっとずつですが、見ているウェブと人の線が繋がり始めてきました。これが特にお話ししなくとも同じ場所に立っていれば意外にヒョン!と気付いてしまうケースもあるのです。 デジタルで写真を撮っている人なら何かしら媒体を持っていてもおかしくはありませんし、逆に何も持っていない人の方が今や少数派なのかもしれません。
d0185541_2085311.jpg

 何か持っていなくても殆どの人がネットをやっている時代、どこで誰が見ているか分かりません。 この鳥ブログも今までどこにもリンクせずにおおっぴらには公表しておりませんでしたが、つい先日からブログのバナーを作った機にHPの方にもリンクを貼り始めました。 見てくれる人は超極少のブログですけれど、それでもリンクを貼ってからは今までの記事内容が気にかかり多少書き直した部分もあります。やはり意見する事とかはより慎重にならなければいけませんよね。
d0185541_209773.jpg

 今後も皆さんに公開しているという自覚を持って、ウェブでも、実物でも、あまり粗相のないようにしていかなければならないなとそう強く思っている次第であります。 ということでヘラシギは以上で〆たいと思います。 思いがけず素晴らしくラッキーな一日にしてくださった皆さんに感謝いたします。本当にありがとうございました。  (ふふふ、うまくまとめたでしょ?)
d0185541_2091973.jpg

by digitori | 2011-10-13 20:11 | ヘラシギ

ヘラシギ

 いましたいましたヘラシギです。間違いなく嘴がヘラになっています。(これはちょっと感動!) 横で姉も「ヘラを撮って!」と何度も何度もうるさいです。 そんなことはこちらも十分わかっているのですが、ヘラシギはずーーっと餌採りながらの移動で常に下を向いちゃっているし、連写の遅いデジカメでは顔を上げた瞬間の偶然を狙うしかありません。いや、それよりもまずピントが合ってくれているか祈るしかない状態です。 こういう時はとにかく数多く打っとけぃ!ですね。
d0185541_2191729.jpg

 それでもちょっと遠いぃです。 皆さんも「もうちょっと近づきましょう!」と何度かに分けて前進されていましたが、私達の心の中では「もうどんどん前に行っちゃってくださいーー!」と大声で叫んでいました。 けれど移動してからまたヘラシギを探すのが大変なんですよね。 こんなちょっとの移動だけでも大変なのに、最初に見つけた方って本当に凄いと思います。あんなモブシーンの中から皆さん本当によく見つけられますね。何羽とかちゃんと数えている方もいらっしゃいますもんね。細かすぎて素人には考えられません。
d0185541_2192983.jpg

 少しずつ近づいてもヘラシギは相変らず餌採りに夢中のままです。 時々溝に入って嘴が見えなくなったり、出てきてもゴミの前だったりしましたが、長い時間私達を楽しませてくれました。 皆さんも「もう十分楽しんだ」とバラけ出し、数名帰られるご様子です。 その時は「あ、これで帰っちゃうんだ。」としか単純に思わなかったのですが、でもよくよく考えてみたら最初に帰るべきなのは棚からぼた餅的にやって来た私達で、最後は最初に見つけられた方達に譲るべきだったんですよね。鈍くてすみません。
d0185541_2194067.jpg

 私達も皆さんの後に続き帰ることにし、嬉しい嬉しい初見のヘラシギタイムは終わりました。 まさかここでポン!とヘラシギを見れるとは思っていませんでしたので、とてもラッキーな一日でした。 でもかなり舞い上がっていたので、デジスコ的にはちょっと悔いが残る結果となりました。もっと大きくとかいろいろ撮れば良かったです。(反省) また来年もチャンスがあるでしょうか?シーズンに2回くらい入るそうなので、また会えればいいですね。今度はぜひ自分達で見つけてみたいものですが、でも多分絶対無理でしょう!
d0185541_2110211.jpg

by digitori | 2011-10-12 21:16 | ヘラシギ

ヘラシギ

 ダイゼンを撮り終え他に何かいないかと周りを見渡してみると、海岸沿いで数人のグループさんがしきりにスコープで何かを覗いているようでした。 「ん?何かいるのか? それとも何かいないか探しているだけなのかな?」とジーーっと見ていたら、皆さん一斉に動き出し確実に何かを目指しているようでした。
d0185541_20255360.jpg

 おっ、これはちょっとただ事ではないような雰囲気でしたので、私達も行ってみることに。 まずは車を止めて皆さんの見つめる方向を見てみましたが何がいるのかさっぱり分かりません。 そこで姉に「何がいるのか聞いて来い」とパシリをドSに命令、姉も渋々ながら聞きに行ってくれたら、なんと「ヘラシギですよ。」の答えが返ってきました。
d0185541_2026624.jpg

 へっ、ヘラシギですと!? そそそ・それって、私達にとってはVIP的な超初見ではないですかーーーーッ!!  当然、私も急いで車からデジスコを担いで駆けつけました。 私は興奮すると途端にワタワタしちゃって肝がどこかにすっ飛んでしまいます。 ああやばいです、こういう時はもっと落ち着かなければダメなんですけどね。
d0185541_20261639.jpg

 しかし気の焦りもあるのか肝心のヘラシギがなかなか見つけられません。どうやらトウネンやメダイチドリの中に1羽交じっているようなのですが、みんな餌採りに夢中で特にトウネンとかぶりまくって何だかよく分かりません。 でも暫く見ていると、トウネンとはちょっと色合いが違うような感じの個体がいました。  「あっ、いたーーーーーーーーーー!!」  (次回に続く)
d0185541_20262919.jpg

by digitori | 2011-10-11 20:29 | ヘラシギ