カテゴリ:シロハヤブサ( 14 )

シロハヤブサ

 シロハヤブサのラストです。
d0185541_20183150.jpg


 シロハヤブサがトビから奪い取った戦利品は、どうやら小さな魚の肉片だったようです。
d0185541_2018395.jpg


 その場に残っていた姉が見ていますとシロハヤブサは餌をみるみる食べてしまったそうですが、私もスローモーションのような鈍い動きの走りでどうにか戻り着き、短い時間でしたが餌を食べ終わった余韻の姿をデジスコでも撮ることが出来ました。
d0185541_20184758.jpg


d0185541_20185560.jpg


d0185541_201935.jpg


d0185541_20191227.jpg


 この日はまだまだゆっくりも出来たのですが、こうして思っていた以上の成果があったことと、もうひとつのお目当ての小鳥ももう見当たらないようでしたので、私達は午前中のうちにここを引き上げることにいたしました。
d0185541_20192035.jpg


 シロハヤブサの地は今回初めて訪れましたが、最初は要領が掴めなくても時間と共に状況を把握していき思っていた以上に楽しむことが出来ました。 また来年も入ることがあれば、今年よりもっと白くなっているであろうシロハヤブサにまた会いに来たいと思います。 今回の遠征は本当にとても良かったです。 お世話になった現地の方にも感謝いたします。 ありがとうございました。
d0185541_2019282.jpg

by digitori | 2014-04-14 20:51 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサまだ続きます。
d0185541_20421680.jpg


 翌日は一番乗りでした。 シロハヤブサが遠くの電柱に止まっているのは確認出来ましたが、既に日は明け始めてはいても空には低い雲が多く辺りはまだまだ暗いです。 私達は日が明るくなるまで手ぶらで海岸沿いを少しお散歩することにしました。
d0185541_20422814.jpg


 お散歩を終え車を止めた場所へゆっくり向かっていると、シロハヤブサがトビと上空で格闘しているのが見えました。   「あっ、ほら! あそこにいるよっ!」
d0185541_2042439.jpg


 やはりシロハヤブサが有利なのか、トビが退散すると同時にトビの足から何かがポロっと落ち、それをシロハヤブサが追う形で海岸の方に降り立ったもようです。
d0185541_20425550.jpg


 「たぶんこの坂を登ると見えるはず!!」  ゼェハァゼェハァ・・・、私達はキレのない体なりに急いで駆け付け砂浜にいるシロハヤブサを確認、私は手ぶらでしたのでまたキレのない体で急いで車までデジスコを取りに向かいます。
d0185541_2043752.jpg


d0185541_20443999.jpg


d0185541_20432915.jpg


 もったいぶってもうちょっと続きます。
d0185541_20433652.jpg

by digitori | 2014-04-12 21:19 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサの続きです。  グループの皆さんの様子を見ていますと、やはり道路側は近くて通れず、私が付けた雪原の踏み跡を辿って歩いて来たので特に変な行動ではなかったかと確認できちょっとホッといたしました。 
d0185541_21212650.jpg


 そして皆さんは私達よりももっと近い位置で撮り始めたのを見てこれまた一安心です。 どうやら私達が異常に気にしすぎていたようです。 ここは有名どころですし、ルールがあるので結構ガチガチかと思っていましたが、そんな事は全然なく思っていたよりも普通の鳥見ポイントでかえって某地域よりもずっと気さくで素朴な印象を受けました。
d0185541_21213694.jpg


 私達も安心して一緒に撮影に加わりましたが、もうだいぶ寒くなって来ましたし夕日が進み写真もブレが多くなってきましたので、シロハヤブサが飛び立つまで待たずに、私達は十分満足してここで切り上げることにしました。
d0185541_2121457.jpg


 一時シロハヤブサの姿がいなくなった時は初日は見られないかも・・・鳥はタイミングだから・・・と半分以上諦めていましたので、こうして無事見ることが出来て本当に良かったです。
d0185541_212249.jpg


 思いがけず最後の最後にじっくりと見ることが出来ましたので、「今から帰れば9時くらいには家に着くかもね」などと話も出ましたが、せっかく遠路遥々来たことですしやはり今夜は泊っていくことにいたしました。
d0185541_21222465.jpg


 ということで明日は2日目でございます。
d0185541_21223266.jpg

by digitori | 2014-04-11 22:26 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサの続きです。  この場所は車で入ってはいけない場所(海浜植物保護地区)などそれなりのルールが存在しているのは知っておりました。 その中で一番気になったのはやはりシロハヤブサまでの距離です。 撮影マナーにも徒歩の時は特に近づきすぎないようにとあります。
d0185541_21485682.jpg


 「近づきすぎると現地の人に怒られるかも・・・」   これはここに来る前から姉とよく話していた一番の心配事でした。怒られるなんてトラブルだけは絶対に避けなければなりません。 他にギャラリーがいるなら横並びで安心できますが、今は私達だけです。 (さぁてどうしましょ?)
d0185541_2149522.jpg


 とにかく順光側に回るには移動するしかありません。 シロハヤブサが止まっている看板は道路沿いにありますので、そこは近すぎて通れません。 私達は雪を漕いでススキを掻き分け掻き分け雪原側からズボズボ回って進みましたが、何だかこれすらも「道路以外を歩くな」と言われないかと少々ドキドキしておりました。
d0185541_21491464.jpg


 雪原から砂の上に出ますと自由に歩けるようになり、これでようやく十分な距離を保てるようになりました。 シロハヤブサも人が離れて安心したのか地面に降りて餌を食べ始めました。
d0185541_21492250.jpg


 「おっ、よしよし」  「いいぞ、いいぞー」  ロケーションは残念ながらあまり良くありませんが、こういうシーンを見に来ましたので待ってましたの撮影開始でございます。
d0185541_21493165.jpg


 それでも今の距離が適切なのかどうなのかよく分かりません。 撮っていてもイマイチ不安で 「この距離怒られないかな・・・?」 「さぁ・・・どうだろうね?」  「私達って悪徳カメラマンかな?」 「いやぁ、それはちょっと分からないねー」 などと姉と話しておりました。
d0185541_21494268.jpg


 そして撮影を始めて暫くすると・・・・・   「あっ、人が来た!!」
d0185541_21495227.jpg


 もう夕方で誰も来ないかと思っていましたが、車が数台止まり、小さなグループのバーダーさんの姿が見えこちらに向かって歩いて来ます。
d0185541_2150010.jpg


 「やばい、怒られるかも!!」   ・・・・いやいやいや、別に悪いことをしている訳ではないのですが、どうもここでの要領を掴みきれていない不安から、私達は反射的に撮影を止め、一旦シロハヤブサから離れて皆さんの様子を見ることにしました。
d0185541_2150888.jpg


 まだ続きます。
d0185541_21501683.jpg

by digitori | 2014-04-10 21:56 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサの幼鳥です。  高速の道路状況もだいぶ朝晩の凍結が緩んできた時期を狙って、私達も遠路遥々見に行って参りました。
d0185541_22431941.jpg


 お昼過ぎ、現地に着いた時はかなり遠くの小屋の上に寛いでいらして、強風吹き荒れるなか、どう頑張っても証拠写真程度にしか撮れず、そうこうしているうちにシロハヤブサは何処かへヒューーーっと飛んでいなくなってしまいました。
d0185541_2243285.jpg


 ここに来れば結構安定してその辺でいい感じに撮れるのだろうと思っていましたが、意外にそういう訳でもないのですね。  最初にいたバーダーの皆さんも徐々に減っていき何とも言えぬ寂しさが辺りに広がります。
d0185541_22433688.jpg


 んんん、もしかして今日はダメな日だったのでしょうか・・・・?
d0185541_22434485.jpg


 それでも今日の私達は泊りですので、周辺をうろちょろグルグルしたりして再々度また戻って参りますと、もう誰もいなくなってしまった夕方の現地でしたがシロハヤブサはいつの間にか最初に着いた時と同じ遠くの小屋の上に戻って来ていました。
d0185541_2244170.jpg


 ただ最初と違っていたのはカラスがすぐ隣に陣取っていまして、「これはきっと飛ばしてくれるかも・・・」 と思ったとおりカラスを嫌がったシロハヤブサは飛んですぐ隣の電柱の上に止まり、更に執拗に纏わりつくカラスを嫌がってシロハヤブサはなんとこちらに向かって飛んで来たのでございます。
d0185541_2244981.jpg


 「おお、なんたるグッジョブ! カラスさん!」  シロハヤブサは私達の横をすり抜けその辺に降り立ったようです。 もちろん私達もすぐに向かいます。
d0185541_22441722.jpg


 「ええと、確かこの辺に来たような・・・・」 と歩いて行きますと、すぐ先の地面からシロハヤブサが急に飛び立ってこれまた極近の看板に止まったのでございます。
d0185541_22442558.jpg


 「うわっ、ここにいたんかい!」  まさかこんな近くにいたとは思わず、私達もビックリいたしました。 場所的に真逆行だったのですが、こんな近くで動いて飛ばしてしまったら折角めぐって来たチャンスが勿体ないですし、とりあえず近くて申し訳ないのですがまずはこの距離で少々撮らせていただきます。
d0185541_224432100.jpg


 まだ続きます。
d0185541_22444093.jpg

by digitori | 2014-04-09 23:07 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 いよいよ来ました、シロハヤブサ (中間型) のラストです。
d0185541_20304998.jpg


d0185541_20312349.jpg


d0185541_20311527.jpg


d0185541_20313998.jpg


d0185541_20313225.jpg


 また会えたら嬉しいです!
d0185541_20315774.jpg

by digitori | 2013-04-30 20:34 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサ (中間型) の続きです。 お食事後いつもの木には移動せず、暫くここに留まってまったりしておりました。
d0185541_19543994.jpg


 風のとても強い日でしたので、なかなか飛び立ちがらなかったのかもしれません。
d0185541_19535681.jpg


 ・・・・同じような写真が大量生産でございます。
d0185541_19545819.jpg


d0185541_19541533.jpg


d0185541_19554095.jpg


d0185541_1955056.jpg


d0185541_1956129.jpg


 もうちょっと続きます。
d0185541_19551656.jpg

by digitori | 2013-04-27 19:59 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサ (中間型) の続きです。
d0185541_20212922.jpg


d0185541_2022716.jpg


d0185541_20214614.jpg


d0185541_20222251.jpg


d0185541_2022196.jpg


d0185541_20223354.jpg


d0185541_20223991.jpg


 まだ続きます。
d0185541_20231243.jpg

by digitori | 2013-04-25 20:26 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサ (中間型) ふたたびです。 ここのシロハヤブサは2羽いるという噂を聞いて、それもぜひ見たかったですし、姉に前回うまく撮れなかった飛翔シーンにもう一度挑戦して欲しかったというのもあり、また懲りずにのこのことやってまいりました。
d0185541_21423775.jpg


 が、結果的には飛翔シーンのチャンスはまたしても取り逃がし、別個体のシロハヤブサもこれまたタイミングを逃してしまい、証拠写真にもならないくらいにしか撮れず。 それでも見ることは出来たので良かったといえば良かったです。
d0185541_2143817.jpg


 ということですので、今回のメインは前回同様またしても捕食シーンのみになってしまいました。
d0185541_2142576.jpg


 それも今回は結構がっつりと撮れておりまして・・・・・もろシメ引きちぎり状態という・・・・・・
d0185541_21432791.jpg


 あまりグロのものは載せませんが、今回は前回よりもややワイルド系でUPしたいと思っております。
d0185541_21431537.jpg


d0185541_2143454.jpg


d0185541_21433498.jpg


d0185541_2144340.jpg


 まだ続きます。
d0185541_21435092.jpg

by digitori | 2013-04-24 22:06 | シロハヤブサ

シロハヤブサ

 シロハヤブサ (中間型) のラストです。 
d0185541_19345942.jpg


d0185541_19351218.jpg


d0185541_1935399.jpg


d0185541_19354512.jpg


d0185541_1936122.jpg


 これでもかとしつこく、またいずれ登場いたします!
d0185541_1936589.jpg

by digitori | 2013-04-14 19:38 | シロハヤブサ